FANDOM



SourceForgeの README も参照してください。
「手順」に戻る


coLinuxのダウンロード 編集

(1)SourceForgeのサイトDownloads より最新のインストーラをダウンロードしてください。
・上記でダウンロードできるインストーラは、安定版です。
・最新のバイナリは、snapshotsを見てください。
※スナップショットは、安定版ではありません。

coLinuxのインストール 編集

インストーラの指示に従い、インストールしてください。

(1)コンポーネントを選びます。
選択肢は以下のとおりです。
coLinux
Native Windows Linux Console
Cross-platform Linux Console
coLinux Virtual Ethernet Driver(TAP-Win32)
coLinux Virtual Network Daemon(SLiRP)
coLinux Bridged Ethernet(WinPcap)
coLinux Virtual Serial Device
coLinux Debugging
Root Filesystem image Download
※ファイルシステムを後でインストールする手順も紹介しています。後でインストールするほうが、選択肢が多いようです。
・インストール中にWinPcapをインストールするかと聞かれますが、後でも設定できます。
・TAP-Win32 仮想アダプタはインストールされます。
・WinPcap と TAP-Win32の両方をインストールしようとすると問題が発生するみたいです。


(2)インストールディレクトリを選びます。
c:\coLinuxにインストールするとその後の設定が簡単です。(デフォルト設定はc:\Program Files\coLinux)


(3)ファイルシステム(ディストリビューション)を選んでください。
()内の凡例:ダウンロードされるファイルサイズ->解凍後のファイルサイズ
・ArchLinux(16Mb->512Mb)
・Debian(29MB->1Gb)
・Fedora Core 5(72Mb->2Gb)
・Gentoo Deluxe(108Mb->2Gb)
・0.7.2では、Ubuntu 6.06.1も選べます。
※ディストリビューションは、あとでダウンロードすることもできます。
(注)既にcoLinuxがインストールされている場合
既にcoLinuxがインストールされており、別のディレクトリにインストールしたい場合、以下の手順でWindowsのドライバを更新できます。
colinux-daemon.exe --remove-driver
colinux-daemon.exe --install-driver

ファイルシステムの(ダウンロードと)設定 編集

ステップ(1)(2)は、インストール時にファイルシステムをダウンロードしなかった場合や、ディストリビューションを変更したい場合に実施します。
ステップ(3)は、必ず実施します。

(1)ファイルシステムをダウンロードする

SourceForgeサイトより、X2.6ベースのファイルシステムをダウンロードできます。
  • ArchLinux
  • Ubuntu
  • Fedora7
  • Debian
  • Fedora Core 6
  • Fedora Core 5
  • Gentoo
より、お好みのディストリビューションを選んでください。

(2)ダウンロードしたファイルシステムを解凍する。

以下にbzip2ファイルを解凍できるツールの例を掲載します:

(3)設定ファイルにファイルシステムのパスを指定する

example.confをエディタで開き、cobd0に解凍したファイルシステム名を指定します。
例)
cobd0="Debian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb"
TIPS:confファイル名を変更することもできます。Tips#confファイルを切り替えるを参照してください。

以下、Debianの例を示します。
(0)coLinuxのインストールディレクトリに1GB以上の容量を確保してください。
(1)SourceForge でDebian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb.bz2をダウンロードし、coLinuxインストールディレクトリにダウンロードしたファイルを保存してください。

このファイルには、coLinuxを使い始めるに必要な基本的なDebianのイメージが一通り揃っています。

(2)ダウンロードしたファイルを解凍してください

bzip2 で解凍する場合のコマンドは以下のとおりです。
bzip2-102-x86-win32.exe -d Debian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb.bz2

(3)設定ファイルにファイルシステムのパスを指定する

example.confを以下のように編集します。
cobd0="Debian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb"

トラブルシューティング 編集

インストール画面が固まる編集

トラブルシューティングを参照してください。

WinTAP32のインストールで「Windowsロゴテストに合格していません」という警告が表示される編集

トラブルシューティングを参照してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki