FANDOM


「手順」に戻る

OverView 編集

1.coLinuxを起動します。

coLinuxの起動方法は、以下の2種類あります。
  1. アプリケーションとして起動する
  2. サービスとして起動する

2.ログインします。

アプリケーションとして起動する 編集

コマンドプロンプトを起動する編集

「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」

(参考)「ファイル名を指定して実行」にて「cmd」で、より手軽に起動できます。

coLinuxのインストールディレクトリに移動する 編集

C:\Documents and Settings\my user name>cd \coLinux

起動コマンドを実行する編集

c:\coLinux>colinux-daemon.exe -t nt @example.conf

(参考)「-t nt」はオプションです。つけると、コマンドプロンプトでcoLinuxのコンソールが開きます。
Tips:おそらく、お好みのターミナルエミュレータでログインして使われると思いますので、あまりこだわらなくてよいと思います。

接続する 編集

少し待つとcolinuxコンソールがポップアップし、もう少し待つとログインプロンプトが表示されます。

(参考)ダブルクリックでcoLinuxを起動したい場合は、Tipsをご覧ください。

サービスとして起動する 編集

サービスを登録する編集

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行すると、手動起動のサービスがインストールされます。

colinux-daemon.exe @example.conf --install-service "Cooperative Linux"

(参考)サービスを削除する場合は、以下のコマンドを実行します。

colinux-daemon.exe --remove-service "Cooperative Linux"

サービスを起動する編集

方法1:コントロールパネルの「サービス」で"Cooperative Linux"を起動する。
方法2:net startコマンドで起動する

net start "Cooperative Linux"

停止する場合は、net stopコマンドです。

net stop "Cooperative Linux"

coLinuxに接続する編集

方法1:colinux-console-fltk.exe(FLTKコンソール)か、colinux-console-nt.exe(コマンドプロンプト)を起動します。
方法2:(ネットワークを設定後、)お好みのターミナルエミュレータで接続します。

ログインする 編集

ログインする 編集

最初はrootユーザしかありませんので、rootユーザでログインしてください。

  • Debian2.4、Fedoraの場合、初期パスワードはありません。
  • Debian2.6の場合、初期パスワードは"root"です。

ログインしたらすぐにやること編集

すぐにrootユーザのパスワードを変えましょう。
必要に応じて一般ユーザを作り、パスワードを設定しましょう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki