FANDOM


「手順」に戻る

はじめに 編集

現時点では、Colinux上で X サーバを実行することはできません。ネットワークを通じてWindowsホストに出力することになります。

このため、ネットワークに接続できることが前提となります。

coLinux上でX-Windowsを稼働させるには、2つの方法があります。

  • Windows で X server を稼働させる
  • coLinux で VNCサーバ を稼働させる


Windows の X server を利用する 編集

Windows上でXサーバを動かし、Xネットワークプロトコルを通じてグラフィカルアプリケーションを動かします。

Firefox
coLinuxWindows X server (display)
Windows network (X protocol)

coLinux で VNCサーバ を稼働させる 編集

coLinuxで X VNCサーバを動かし、WindowsのVNCクライアントを使ってWindowsに出力します。

Firefox
Xvnc
coLinuxWindows VNC client (display)
Windows network (VNC protocol)

どちらの方法を選ぶかは、お好みでどうぞ。 (とはいいながら、以下のセクションでは「coLinux で VNCサーバ を稼働させる」について説明します。)

Windows で X server を稼働させる 編集

執筆者募集中です。


coLinux で VNCサーバ を稼働させる 編集

準備 編集

  • まず、kdebaseやxfce4のようなウィンドウマネージャをインストールしておく必要があります。(GDMやKDMではダメです)。
  • 次にフォントをインストールしておくとよいでしょう。

これらステップを行わない場合、左上の隅っこにグレーの寂しいスクリーンを見つめることになります。)

VNCサーバをcoLinuxにインストールし、Windows上のVNCクライアントから接続します。

特徴 編集

  • Cygwinに比べて軽量です。(ダウンロードも短時間で済むし、ディスクスペースも小さくて済みます)
  • Cygwin自体を使う必要がなければ、ダウンロードやインストールをする必要がありません。
  • VNCクライアントがクラッシュした際には、VNCクライアントを再起動して簡単に元のセッションに接続できます。
  • ネットワーク上の別のPCからVNCサーバに接続し、ホスト側のセッションを共有できます。
  • VNCクライアントによっては、特殊キーの組み合わせを送信可能です。
  • WindowsアプリケーションとcoLinuxアプリケーションの間でコピー&ペーストできます。 (<warpflyght> Cygwin/X もWindowsのクリップボードを拡張しました。 これらはちょっと変わっていて、あまり賢くありませんが、ある状況下では役に立ちます。 KDEによっては、バグのため、コピー&ペーストがうまく動作しないものがあります。


Tips 編集

  • タスクバーも表示したい場合は、VNCサーバ起動時に解像度を少し小さくするとよいです。(1024x768でなく1024×740とか)。解像度の設定方法は、"man Xvnc"などでマニュアルを参照し、-geometryスイッチの説明をみてください。
  • tightVNCサーバは遅いので realVNC を使えと、Colinux Wiki(英語版)には書いてあります。
  • XDMCPを使う場合は、設定がややこしいです。


設定方法(XDMCPを使わない場合) 編集

XDMCPをVNCと一緒に使用していない場合(この方法だと設定が簡単です)、Linuxデスクトップを使用したいユーザでVNCサーバを起動します。


VNCサーバをインストール(Colinux) 編集

まず、VNCサーバをcoLinuxにインストールしてください。

apt-get install vncserver

'apt-get install tightvncserver' コマンドを使い、TightVNCサーバをインストールするのがよいでしょう。これが最速だと思います。FreeNXよりも速いです。速度を求めるなら、

※なお、私の環境(Fedora7)では、既にrealVNCがインストールされていました。英語版Wikiでは、tightVNCサーバが速いという人と、realVNCサーバが速いという人がいて、どっちなのかわかりません。私がWindows上でサーバとクライアントを(もちろん別PC)稼働させてみたところ、tightはとても遅く、realが速かったです。


VNCクライアントをインストール(Windows) 編集

次に、VNCクライアントをWindowsホストにインストールしてください。


セッションを開始する前に(任意)(Colinux) 編集

セッションを開始する前に: .vncディレクトリを作成します。このディレクトリに xstartup ファイルを作成し、以下を記述します。

#!/bin/sh
startkde &

(startkde か startxfce など、システムにインストールされているWindowマネージャによって違います。)


VNCサーバを起動する(Colinux) 編集

セッションを起動するには、GUI環境を使いたいユーザでcoLinuxにログインし、VNCサーバを開始します。

vncserver :1 -geometry 1024x768 -depth 16

※なお、小さめの解像度(1000x685など)を指定すると、1024x768の画面を使っている場合に、タスクバーがばっちり表示されます。

起動すると、こんなメッセージが表示されます。

New 'X' desktop is colinux:1

最後の番号が重要です。これはスクリーン番号です。 ※初回は、パスワードを選ぶプロンプトが表示されます。と英語版Wikiには書いてあったが、私の環境(Fedora7)では表示されなかった。


VNCクライアント(ビューワ)を起動し、接続する(Windows) 編集

WindowsでVNCビューアを起動したら、IPアドレスとスクリーン番号を正しく入力してください。

例 :

192.168.0.40:1

IPアドレスの後に入力するスクリーン番号は、VNCサーバを起動した際に表示されたスクリーン番号と同じものにしてください。また、VNCパスワードを変更するには、vncpasswdコマンドを使用してください。

<Yotta> もしVNCサーバに接続できないようにみえる場合、フォントの設定がされていないためにサーバの起動に失敗している可能性があります。.vncディレクトリのログファイルを確認し、ログの指示に従ってください。こんなメッセージがでていると思います。 Question 4 in the coLinuxIAQ


VNCサーバを停止する(Colinux) 編集

以下のコマンドでVNCサーバを停止できます。

vncserver -kill :1

設定方法(XDMCPを使う場合) 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki