Fandom

CoLinux

ReleaseNote0.7,2

14このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする


( NEWS in sourceにもあります。)

coLinux0.7.2 編集

バグ修正編集

  • #1324092: cofs rename replace existing file.
  • #1791993: Ship modules with root as owner and group.
  • #1853578: マシンのメモリが4GBの場合に、メモリ使用上限が0MBとなるバグを修正
  • Fix cofs chdir with wildcards on existing upper/lower directory.
  • コンフィグファイルの最終行が改行されていない場合に、最後の文字が欠落するバグを修正

コンソールとデーモン編集

  • FLTKコンソールの新メニュー
    • Power off: ファイルの同期なしに、カーネルをOFFします。
    • Reboot: ctrl-alt-delでランレベル6に移行します(再起動します)
    • Shutdown: Calls "/sbin/shutdown -h now" with fallback to "/sbin/halt"
Shutdown will automatic call from stopping as service, or if user clicks close on the colinux-daemon.
  • 新機能:pid
"colinux-daemon -p pidFile" とすると、coLinuxのpidをpidFileに保存するようになりました。
"colinux-console-fltk|nt -p pidFile" attach the monitor from stored ID. With this mechanism can open a /named/ console without knowing the current ID (Process ID). pidFile will removed on normal shutdown.
  • ネットワークデーモン(TAP, Bridged and Slirp)がプロセス優先度「高」で動作するようになりました。
  • Added a nice colinux 3D logo image to the "About" box (Nlucas)
  • Stop with error, if double defined device (cobd,cofs,eth,exec)
  • Optimized workaround for DEP/noexecute problems (flush tlb).

カーネル編集

  • カーネルが 2.6.22 になりました。
(Thanks to Anders Eriksson for 2.6.13, 2.6.14, 2.6.15)
  • 複数のカーネルバージョンを保持できます
(2.6.12, 2.6.13, 2.6.14, 2.6.15, 2.6.17, 2.6.22)
  • cloop が 2.06 になりました(compressed loop blockdevice from Knoppix)
  • Hotplug が有効になり、udev が使えるようになりました。

インストーラ編集

  • テキストがインストーラのダイアログより大きかったバグ修正。[Bugs item #1819219]
  • ファイルシステムの選択画面を改善。
    • Ubuntu 6.06.1がイメージのぺージに追加されました
    • Fedore 7にアップデートされました
    • 各イメージのWebリンクがつきました。
    • 'other images on SF'にもリンクがつきました。
  • インストーラ/アンインストーラが、ファイルの上書きや削除前にcoLinuxが稼働中かどうか確認するようになりました。[Bugs item #1396459, #1549148]
  • アンインストール時にレジストリから古いEXEファイルやパスの情報が削除されるようになりました。[Support Requests-1553923]
  • tapinstall.exe (alias devcon) が DDK 3790.1830 (Mar 24 2005)からアップデートされました。
  • 64ビットのブロックインストールが可能になりました。

Buildsystem編集

  • Linux as host: Restructed build of colinux.ko, use kbuild system from host. Host with regparm=3 is usable (tested host 2.6.22).
  • gccのバージョンが違っていてもカーネルやデーモンをビルドできるようになりました。
実行時にABIがチェックされます。(補足 ABI:Binary Interfaceのうち、アプリケーションとライブラリのインタフェースのことだと思います)
Usable gcc for kernel: 3.4.x, 4.0.x, 4.1.x, 4.2.x up to 4.3.0
  • Warnings from gcc 4.x fixed.

Debugging編集

  • (新)colinuxのデバッグを始める際の問題に対するヒントが、Debugging.txtとして提供されました。
  • "-v level" オプションを指定すると、コンソールにより詳しいメッセージとデバッグ情報が出力されます。
  • colinux-debug-daemon: パラメータに -s を指定した場合、ドライバ類と接続するのみとなりました。
  • Leveled debug output to Dbgview.exe (www.sysinternals.com).
予めcolinux-debug-daemonでfacility/levelを有効にしておく必要があります。

ライブラリやツールのアップデート編集

  • gcc 4.1.2 (unpatched now, not from mingw)
  • binutils 2.17.50
  • mingw 3.11
  • w32api 3.9
  • WinPcap 4.0.1

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki